トップ  >  水質自動計測器  >  微量重金属イオン連続測定装置 SAP-3300

ラインや工場排水または河川水などに含まれる重金属イオン(銅、鉛、カドミウム、亜鉛等)をppbの単位で連続監視できる装置です。
内蔵されたプログラマに従い、検水の採取→試薬添加→混合→除酸素→前電解→分析→データ処理→信号出力が全て自動的に行われ、分析結果はプリントアウトされます。
工場排水、河川水など条件によっては上記4元素は同時分析できます。ヒ素(3価)、4CBAなど特殊な分野にも応用されています。

【特徴】
分析時間:20分〜40分
分析周期:30分〜1時間
定量限界:10ppb
分析方法:溶出波微分ポーラログラフ

この製品のお問い合わせ・資料請求は製造元ホームページからどうぞ
【製造元】株式会社 ヤナコ機器開発研究所
〒612-8387 京都市伏見区下鳥羽平塚町145番地
TEL : 075-611-8800 FAX : 075-611-9300



カテゴリートップ
水質自動計測器